医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

点滴療法

点滴療法とは


私たちは普段必要な栄養素を食事から摂っていますが...

だれしもが完全にバランスの取れた食事を行い、かつ自分の消化器(口、食道、胃、小腸、大腸など)が完全に消化吸収を行なえ、さらに分泌される酵素なども完全に整っていれば、その人の老化の速度は遅くなります。

しかし、実際の食事はみなそれぞれアンバランスであり、また、消化吸収による栄養吸収も個体差が著しいものです。また、自分の体内で作れる栄養素も個人差が著しいものです。

ですから、いつまでも若々しく精力的な人がいる半面、別に病気でも無いのに早く老けこんでしまう人や、元気が無く、気力や根気が薄れてしまう人がいるのかもしれません。

「不足しがちな栄養素や有効成分をサプリメントで摂ればいいじゃないか」と思う人も多いでしょう。 たしかにサプリメントもかなり有効性はあると思います。

しかし、仮にサプリメントを十分摂取したとして、また、消化管も丈夫で吸収もしっかりできたとしても肝臓という関門があるのです。肝臓は解毒や多くの栄養素を作り出すという重要な働きをしていますが、サプリメントの成分の一部を分解してしまい、結果そのサプリメントの効果も下げてしまうというマイナスの部分を持っているのです。

私たちは食物を摂取し胃や腸で消化を行い、小腸や大腸で栄養素を吸収しています。栄養素と同時にサプリメントも小腸や大腸の血管から吸収され、その血流は全て門脈という特殊な血管を経て肝臓に運ばれます。そこで栄養素やサプリメントは解毒分解再構築を受け各器官に運ばれていくのです。

つまり、サプリメント摂取では栄養素が各器官に到達する前に肝臓の洗礼を必ず受けるというわけなのです。ただし、品質の良いサプリメントは肝臓の変化を受けにくく加工されていますので、毎日摂取し続けると効果を現します。

なお、もっとダイレクトに栄養素や有効成分を身体に効かせる方法もあります。それが点滴療法なのです。

点滴療法では直接血管に栄養素や有効成分を入れるため、与えたいものが高濃度で各器官に到達します。もちろん血液は体中を巡っていますので、いずれはこの栄養素や有効成分も肝臓で一部が分解されてしまいます。
しかし、少なくとも経口摂取よりダイレクトに効くことは確かだと思いませんか。


点滴療法の治療の流れ


点滴治療をする前にあなたの血液の状態を検査することをお勧めします。(超高濃度ビタミンC点滴 50 (ビタミンC 5000mg)、超高濃度ビタミンC点滴 75 (ビタミンC 7500mg)は血液検査が必要になります。)
3〜6カ月後身体の内部の状態の改善を推し量ることができます。
酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから