医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

ボトックスのよくある質問

ボトックスのよくある質問

顔のエラを小さくすることはできますか?

顔のエラの筋肉にボットクスを注射することで、顔のエラを小さくしたいのですが、そういうことはできるのでしょうか。
ボトックスのエラへの応用は以下の理由です。
ボトックスはボツリヌスA毒素が主成分で、これは神経を麻痺させるものです。これを筋肉内に注射すると、筋肉の動きが低下します。(神経刺激が少なくなるため)
ボトックスの効果時間は、3〜5か月ですので、この期間は筋肉の動きが悪くなるわけですね筋肉が復活する頃、またボトックスを注射します。これを続けると筋肉は「廃用委縮」するわけです。
ただし、全く咬筋が使い物にならなくなると、咬む事や、しゃべることも困難になり、口は開いたままになるわけで、完全に麻痺はさせない程度に治療を続けるわけです。
この事実に基づくと顔のエラが張っている、といっても筋肉性のエラ張りには多少の効果があっても、骨性のエラ張りには全く効果はないわけです。そのあたりを十分理解、または、診察してくれる医療機関を訪ねるべきでしょう。
1回の治療におけるボットクスの量と効果は関係があるのでしょうか。
1回の量が多ければ良いというわけではありません。適量が大切です。

額の弛み(しわ)を取りたいのですが、美容外科の手術以外の治療法はありますか?

額の弛み(しわ)を取りたいのですが、美容外科の手術以外に何か良い治療法がありましたら教えて下さい。
まずは、ボトックス注射から始めて見てはいかがでしょう。1回20〜40ユニットで3〜5か月有効です。
美容外科的には、小さな切開を頭皮に3か所ほど施し内視鏡的フェイスリフトを行う手術と、しっかり切って額の皮膚を切除する、クラシカルフェイスリフトがあります。
眉間のたるみ(しわ)も気になっています。
やはりボトックスが良いと思います。1回20〜24ユニットで3〜5か月有効外科的には脂肪注入があります。3〜6か月ごと3回ほど脂肪を移植する手術です。
目じりの弛み(しわ)もボトックス注射が効きますか?
ボトックス注射では、1回32ユニットほど注射します。 3〜5か月有効です。
ただし、弛みには効果がありません。この場合は、切開式二重まぶた手術の上眼瞼形成をすることも意味があるでしょう。
すぐにでもボトックス注射をしたいと思いますが、どのぐらい通うのでしょうか。
ボトックスの場合は、当日と1週間後のチェックだけです。

顔のえらにボトックスを注入して小顔になりたいと思っているのですが、継続するにはボトックスの注射を続けなければいけないのでしょうか。

顔のエラにボトックスを注入して、小顔になりたいと思っています。ある程度の期間が過ぎると元に戻ってしまうと聞きましたが、どのくらいで戻ってしまうものなのでしょうか?
また、継続するにはやはりボトックスの注射をし続けないといけないと思いますが、その場合どのくらいの期間をおいて注射をすることになるのでしょうか?
エラ、といっても骨のエラにはボトックスは効果ありません。
奥歯をくいしばった時、えらの部分がプクッと張り出る方は、咬筋の発達による「えらはり」です。このような方はボトックスが効くといわれています。
ボトックス注射は、3〜4か月おきに、3〜5回で効果が出るといわれています。酒井形成外科でも多くの方が試していますが、1回でもけっこう効果があったという人も多いですよ。

ボトックス注射をしましたが、上を見ようとしてもまぶたが重くて見られません。
これは、何か副作用なのでしょうか?

1週間程前、ある病院で眉間のしわに対してボトックスを注射してもらいました。
昨日くらいから上を見ようとしてもまぶたが重くて見られません。これは、何か大きな副作用なのでしょうか?
これはよくあるボトックスの副作用です。おそらく量が多すぎたか、ボトックスの注入部位が正確ではなかったのでしょう。
しかし、心配はありません。1ヶ月ほどで大抵もとに戻ります。

眉毛がつり上がるような感じがしてきたので、ボトックスを注射してもらった美容整形クリニックに相談してみましたが、ボトックスのせいでは無いと言われました

おでこのしわを目立たなくさせたかったため、でボトックスを注射してもらいました。
3日後くらいから、眉毛がつり上がるような感じがしてきました。そして、主人にも「変だ変だ」と言われるまでに目立ってきました。
ボトックスを注射してもらった美容整形クリニックに相談してみたのですが、ボトックスのせいでは無いと言われました。では、何が原因なのでしょうか?
額のボトックス注射で眉がつり上がる現象は時々見受けられます。
ボトックスの薬理作用は神経麻痺ですから、額の広範囲にボトックスを作用させるとまぶたが下がってしまう、いわゆる眼瞼下垂症が起こり易くなります。
そこで、眉の外側の上方にはボトックスを注射しないように教科書に書いてあるわけで、これを忠実に守ると、眉の外側は上がり、眉間の部分はボトックスが作用するため上がらなくなります。相対的に眉が釣り上がる、といった訴えになるわけですね。この場合、極少量のボトックスを眉外側の上方に注射いたします。
1週間ほどで眉のつり上がりは無くなるはずです。

酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから