医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

フォトRF(オーロラ)

適応

フォトRF(オーロラ)は、このような症状に最適です。

  1. 軽いしみ、老人しみ、そばかす、肌のくすみ
  2. 肌の美白効果
  3. 小じわを伸ばし、肌の張りをよみがえらす
  4. にきびあとや赤いにきびの改善
  5. 赤ら顔や毛細血管の拡張の改善

フォトRF(オーロラ)の症例写真

日光性色素班の症例
毛細血管拡張の症例
にきびあとの症例
そばかすの症例
フォトRF(オーロラ)
フォトRF(オーロラ)

フォトフェイシャルの生みの親である、アミル・ワイルドマンとミッシェル・クレンデルは、光治療の限界を感じていました。
確かにブームを起こしたものの、年が経つうち、フォトフェイシャルのリジュビネーション効果は低いのではないかという専門医の声が多くなってきたのです。
そこで、彼らは光治療に見切りをつけ、高周波電気治療(RF)に着目します。ここに、光(IPL)と高周波電気(RF)をミックスし新たなリジュビネーション医療機械を開発したのです。


フォトRF(オーロラ)のハンドピース

フォトフェイシャルを超えたスキンケアレーザー、オーロラ

10年程前から研究が進められた、肌の若返り(リジュビネーション)光治療はフォトフェイシャルを生み出しました。
しかし、今ではもはやフォトフェイシャルの時代は終わりを告げたのです。そして美容皮膚科医学は、最新治療器フォトRF(オーロラ)を誕生させます。
フォトRFはフォトフェイシャルに高周波電気、RF(レディオ・フリークエンシー)を組み合わせ、フォトフェイシャルより遙かに治療効果を高めたものです。

フォトRF(オーロラ)の実際

フォトRF(オーロラの構造は)、中心にフォトフェイシャルを設置し、その両端に高周波電気の電極を置いた形になっています。

フォトRF(オーロラ)の照射イメージ
フォトRF(オーロラ)の照射イメージ

まず、フォトフェイシャルによりある程度メラニンは破壊されます。さらに真皮では血管が暖められることにより温度が上昇します。
ここにRF(高周波電気)を流すと、表皮はクーリングデバイスとジェルによって冷却されているためその電流密度は低くなり、暖められた真皮はより密度が高くなるのです。つまり、RFは温度が高くなるとその通電性が増し、その部位の組織の温度を上昇させるわけです。
この理論によりフォトRF(オーロラ)は、フォトフィシャルを超えた、真皮への温熱効果が得られるのです。この結果、痛みが少なく表皮を障害することなく、真皮へのコラーゲン新生を促せるといわれています。

フォトRF(オーロラ)の治療手順

フォトRF(オーロラ)の照射の様子
  1. クレンジング・洗顔
  2. 専用ジェルを塗布
  3. 照射パワーの設定
  4. 照射
  5. ジェルを拭き取り洗顔
  6. ビタミン超音波導入 (ソノフォーレシス)施術
    (超音波で美容液を導入します)
  7. ビタミンイオン導入 (イオントフォレーシス)施術
    (電気で美容液を導入します)

1回の治療で予定範囲を2回繰り返し照射します。
1ヶ月に1回、5〜6回繰り返します。

フォトRF(オーロラ)を行う際は、洗顔を行います

フォトRF(オーロラ)を行う際は、洗顔を行います。照射前にはコンタクトレンズやアクセサリーなどを外していただきます。


目を保護するためアイプロテクターを装着します

目を保護するためアイプロテクターを装着します。


冷却を行うために、少しひんやりとした専用のジェルを塗ります

お顔全体を均一に照射するため、そして冷却を行うために、少しひんやりとした専用のジェルを塗ります。


フォトRF(オーロラ)のハンドピース

フォトRF(オーロラ)のハンドピースです。


一回の治療で照射予定範囲を2回繰り返し照射します

一回の治療で照射予定範囲を2回繰り返し照射します。もちろん照射力を調節することが可能なので、痛み等を感じた場合は看護師に声をかけて下さい。


シミなどのある部分では痛みが強く感じられます

フォトRF(オーロラ)照射時は毛の生えている部分、骨に近い 顎や頬、またシミなどのある部分では痛みが強く感じられます。


ジェルを拭き取り洗顔を行います

フォトRF(オーロラ)照射が終わりましたら、ジェルを拭き取り洗顔を行います。


ビタミン導入のため高濃度ビタミンを塗布します

洗顔後、余分な油分を拭きとり角質ケアを行います。
その後ビタミン導入のため高濃度ビタミンを塗布します。


超音波導入をしていきます

超音波導入をしていきます。
超音波の振動を与えることで皮膚内部にビタミンを深く浸透させていきます。ハンドピースをリンパに沿って動かすことで、血行を良くし皮膚に張りをもたせます。


イオン導入の様子

超音波によるビタミン導入の後はイオン導入です。
体に微弱な電流を流して、より皮膚の内側へ内側へとビタミンを浸透させていきます。痛み等の刺激は全くありません。

イオン導入の上からアルジネートマスクを同時に行います

ビタミンを塗布していきます。

イオン導入のマスクをアルジネートマスクごと外します

イオン導入の上からアルジネートマスクを同時に行います。
イオン導入によるビタミンA、Cの効果的な浸透と同時に、ソノフォレーシスやオーロラによる肌のほてりをアルジネートマスクにより、沈静させていきます。

アルジネートマスクをよく拭きとったら終了です

アルジネートマスクをよく拭きとったら終了です。


フォトRF(オーロラ)での注意

  1. 照射後やや赤みと軽い腫れが感が生じます。これは効果の現れですので心配いりません。
  2. 照射直後に洗顔やお化粧が可能です。また、当日の入浴には差し支えありませんが、あまり刺激の強い行為は控えましょう。
  3. 照射中、多少の刺激痛があります。特にあごやほほの骨の上では痛みが増して感じられます。また、こめかみや、有毛部では同様に痛みが強く感じられます。
  4. プローブ(治療器を肌にあてる部分)がしっかり肌に密着していないと痛みが強くなることがあります。密着感が少ない場合には遠慮せずに施術者に申し出てください。

※フォトRF(オーロラ)は、様々なお肌の悩みに効果があります。お肌に張りを取り戻し小ジワを減らすだけでなく、軽いシミやそばかす、肌のくすみを無くしたり、毛細血管の拡張による赤ら顔の緩和や、美白効果も期待できます。

フォトRF(オーロラ)の実際 ビデオ

フォトRF(オーロラ)の体験談

フォトRF(オーロラ)で肌の弾力感やモチモチ感が戻ってきました(Aさん)

肌のしみ、そばかす、くすみが気になっていたのと最近肌に張りがないことが気になり美容皮膚科のカウンセリングを受けたところ、サリチル酸ピ−リングとフォトRF(オーロラ)を交互に行うと良いと勧められ続けていました。
サリチル酸ピーリングは、すごく肌に透明感が出て効果を感じていました。それに価格も手頃なので続けやすいのでお気に入りでした。それに比べるとフォトRF(オーロラ)は、一回照射した後にそばかすが無くなってびっくりしましたが他のしみにはなかなか効かなくて、続けていくことに疑問を抱き4回を過ぎたところでやめました。
サリチル酸ピーリングのみ続けていたところ肌の質は良くなっていくのですが、復活していた弾力感やモチモチ感が少しずつなくなっていくのです。あわてて再度フォトRF(オーロラ)を再開するとあの感触が肌に戻ってきました。
フォトRF(オーロラ)には、目に見えにくい効果があると思います。サリチル酸ピーリングは肌の表面に効き、フォトRF(オーロラ)は肌の内面に効くということを身をもって知りました。なかなかフォトRF(オーロラ)で効果の無いしみには、しみ取りレーザーが良いと聞いたので併用していこうと思っています。

フォトRF(オーロラ)は思っていたより痛くありませんでした(Bさん)

フォトRF(オーロラ)は、痛いと聞いていたので予約を入れてから1回目の照射までは本当に緊張していました。確かにジワっと熱く痛いのですが、耐えられない程の痛みではなかったので安心しました。
ただ、おでこは毛が引っ張られるような痛みがあり辛かったです。でも2回目の照射は1回目よりも痛くなかったので慣れちゃったのかな?と思いました。
照射した後の肌が柔らかくなって張りがでる感じが気にいってます。

最近顔が明るくなったねと言われます(Cさん)

子供も成長し、ふと自分を見直してみたら、なんと中年のおばさんになっていました。アンチエイジングとか若返りということが、どんなことなのかよくわかりませんでしたが、友人が酒井形成外科に通っていて、溌剌(はつらつ)としているのがうらやましく、私も体験してみました。
疲れていたのか、途中気持ちよくねむってしまったぐらいです。友達や家族も「最近顏が明るくなったね。」と言ってくれます。無理をしなくても、行きたいときにフォトRF(オーロラ)をやってもらえるので、長く続けられそうです。何よりも家族が褒めてくれたのが、一番うれしかったですね。

肌の質が変わってきました(Dさん)

法令線や目の周りの細かいしわ、口の周りの細かいしわが気になっていました。本当は美容外科のフェイスリフトのような手術が一番いいのかもしれませんが手術をしてまで…という思いがありフォトRF(オーロラ)を試してみることになりました。
最初はあまり効果を感じなかったのですが、回数を重ねる度に肌に張りがでてきたことを実感。
ただシワがなくなったとかそういうことではなく、肌の質が変わったとでもいいましょうか、生き生きとした肌という感じです。
もともとフェイスリフトのような効果を期待していたわけではないので、フォトRF(オーロラ)の効果には満足しています。
回数を重ねることにより目元が明るくなって口角が上がった気がします。かすかではありますが、法令線にも効いてきた感じがします。このままの状態が保てるように続けていきたいと思います。

フォトRF(オーロラ)は産毛にも効きます(Eさん)

肌のしみとくすみが気になっていたのですがフォトRF(オーロラ)を続けてみて、意外なところですごいと思ったのが産毛に効いているということです。
脱毛効果は期待しておらず別でやろうと思っていたのですが、フォトRF(オーロラ)を続けていたら、ふと顔の産毛を最近処理していないことに気づいたのです。肌もプルプルするし一石二鳥だと思いました。
ただ鼻下の産毛は残っていたり、おでこや頬もまちまちに生えてきたりしているので、鼻下はレーザー脱毛をしようと思っています。
むだ毛の処理の回数が減ったせいか、肌の調子がよくトーンも明るくなりました。このまま、しみも無くなればいいなと思っています。

医療機関ならではの安心感(Fさん)

フォトRF(オーロラ)の後、ニキビが増えてしまってびっくりしたので診察を受けました。毛穴のつまりによって出来たニキビだそうです。
ニキビの出やすい人は、フォトRF(オーロラ)の後に出来てしまうことが多いということでした。
お医者さんからの説明を受けるとやっぱり安心するし薬も処方してもらえるので医療機関を選んでよかったと思いました。

フォトRF(オーロラ)とその後のパックとビタミン導入で顔の張りがでてきました(Gさん)

最近は、年のせいか顔色が悪く、顔の張りも若い頃と比べると随分無くなりました。若い頃の張りを取り戻したいという気持ちでエステにも数回通いましたが、全然満足しませんでした。
そんなとき、こちらのホームページを見まして、一回だけ体験してみようという気軽な気持ちでフォトRF(オーロラ)をはじめました。
エステとは違い、顏にあてていただいたフォトRF(オーロラ)の感触も生ぬるいものでなく、しっかり皮膚にあててもらっている感じがしました。
その後のパックやビタミン導入も肌にしっかり浸透しているようで、帰りに鏡をみて、張りがでてきた感じがよく、これからも時々通いたいと思っています。

フォトRF(オーロラ)の施術費用

項目 金額
(消費税別)
フォトRF:オーロラ(中)+メディカルエステ / 顔全体(鼻なし) 1回 28,000円
フォトRF:オーロラ(小)+メディカルエステ / 頬部 1回 19,000円
酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから