医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

フォトRF(オーロラ)・フォトRFリファームのよくある質問

フォトRF(オーロラ)・フォトRFリファームのよくある質問

そばかすにも効果があるということなら、薄いほくろや、小さいほくろにも効果があるのでしょうか?

顔のシミと小さいほくろや、薄いほくろが気になっています。
フォトRF(オーロラ)が、そばかすにも効果があるということなら、薄いほくろや、小さいほくろにも効果があるのでしょうか?
ほくろはメラニン量が多いため、フォトRF(オーロラ)での効果は期待できません。
Qスイッチヤグレーザーまたは炭酸ガスレーザーをフォトRF(オーロラ)の後に照射するのが良いかもしれません。

フォトRF(オーロラ)は、肌質の改善には効果的のようですが、弛み、毛穴の引き締めなどにも効果があるのでしょうか?

最近、肌の弛みや毛穴の開きが気になり、ポラリスやフォトRFオーロラ等の美容皮膚科の施術に興味を持っております。美容皮膚科の特集が載っている雑誌などでは、毛穴の引き締めにはポラリスと謳われていますが、肌質には効果が無いように思われます。
フォトRFオーロラは、肌質の改善には効果的のようですが、弛み、毛穴の引き締めなどにはいかがでしょうか。
2004年ごろより光治療(レーザーやフラッシュランプ(IPL))には限界があるといわれるようになり、高周波電気(RF)治療が注目されています。肌の引き締めと筋肉の引き締めに効果があるといわれる、サーマクールは高周波電気のみの治療法ですが、やや痛みが強く、色素沈着には効果がありせん。サーマクールとはその治療目的を異にしますが、光と高周波をコラボレートさせたのが、ポラリスとフォトRFです。
ポラリスは、RFとダイオードレーザーの組み合わせですが、レーザーが原本となっているため、お仕事が単一になり易くそれを克服するためというか、さらに効果を高めるためRFとIPL(フォトフェイシャル)を組み合わせたものが、フォトRFです。
世界的なフォトRFの稼働台数は、ポラリスの20倍以上といわれています。ポラリスの方が発売日は早かったのですが、あっという間にフォトRFに市場を奪われた感があります。
治療目的が似通ったこの2種ですが、フォトRFの方が使い勝手と治療目的が多いのが人気のようですね。顔の毛穴のひきしめは、どの機種でもそれを謳っています。
しかし、私の感じるところでは、どれも大したことはできません。
酒井形成外科では、毛穴用パック剤の使用とフォトRFをお勧めしています。さらにカーボンピーリング(レーザーピーリング)という選択もあります。

急激に痩せてしまったためのシワに対して改善効果が見込めるとしたら、フォトRFオーロラとサリチル酸マクロゴール・ピーリングとでは、どちらがベターでしょうか

40代の男性です。去年、体調を崩し、急激に痩せてしまいました。 そのせいか顔がしわっぽく急に老け込んでしまいました。
少しでも、そのシワに対して改善効果が見込めるとしたら、フォトRFオーロラとサリチル酸マクロゴール・ピーリングとでは、どちらがベターでしょうか? 法令線も気持ち薄くならないかと思っています。
年齢と症状の経過から、やはり、美容外科のフェイスリフト手術が最も適応があるような感じは受けます。
ただし、どうしても手術は受けたくないという場合、最も効果を期待できるのは、サーマクール治療です。2006年から、マルチパスチップの導入で、痛みもかなり抑えられフォトRFの痛みと大差ありません。また、効果も高くなりました。
ただし、フェイスリフト手術のせいぜい20%程度くらいに考えて、あまり大きな期待は禁物です。
フォトRFオーロラは、むしろ肌のキメを改善します。サリチル酸マクロゴール・ピーリングは、にきび治療の助けないしは老人の肌のちりめんじわと角化肥厚によるくすみの改善に対してで、少々の効果しか期待できません。診察してみないと何ともいえませんが、あなたの様な「げっそり…」タイプには、あまり効果は無いような気がします。
酒井形成外科でのサーマクール治療は、マルチパスで行っています。 両頬の弛みと法令線改善コースで、フォトRFオーロラ付きのものをお勧めしています。さらにメディカルコスメタント使用のイオン導入と超音波導入も併せると効果的です。

サリチル酸マクロゴールピーリングとフォトRF(オーロラ)とで、効果はどう違うのでしょうか

来年6月の結婚式に向けて、肌をきれいにしたいなと思い、サリチル酸マクロゴール・ピーリングを1月あたりから始めたいと思っています。サリチル酸マクロゴール・ピーリングとフォトRFオーロラとでは、効果はどのように違うのでしょうか?
美容皮膚科のピーリングとは、皮膚の最外層である角質を削ることにより肌のくすみ感を軽減する美容法です。それに対しフォトRFオーロラは真皮層に働きかけ、そこのコラーゲンを増加させることにより肌の張りやきめを改善します。
つまり、効くところが全然異なりますので、効果も異なるわけで、比べるものではありません。むしろ、フォトRFとピーリングを同日に行っている方も多いようです。
サリチル酸マクロゴール・ピーリングの場合は、1回〜4回くらい行うとよいみたいですね。フォトRF(オーロラ)は、1回の施術でサリチル酸マクロゴールピーリング4回分くらいの効果があるのでしょうか?
それとも、同じように4回くらいしないといけないのでしょうか?そうするとかなり高額ですが…
フォトRFオーロラも1ヶ月に1回、計5〜6回でかなり効果を感じるようです。しかも続ける事に意味があると思います。もし、そうでないなら、20才のころに数回フォトRFオーロラを行えば90才になっても肌は20才、ということが可能となってしまいますよね。現代医学ではまだそこまでは遠く及ばないのです。
余談ですが、芸能人の方はフォトRFオーロラのファンが多いようです。多くの方が、月1回年間12回も施術を受けているようです。
改善したい点は、顔のくすみ・キメと頬に一個だけあるにきび跡のクレーターです。どちらを受ければよろしいでしょうか?
どちらかといえばフォトRFオーロラかもしれません。

シミ・ソバカスが顔全体にある為、薄くなるまでの間の被爆状態が結構すごいと聞いており、会社に行けるのだろうかなどと懸念しています

幼少の頃よりソバカスがあり、その後学生時代のクラブ活動が主な原因で日光によるシミが増えました。
また、中学時代にできたニキビをつぶしてしまった悪影響でデコボコのニキビ跡も気になります。

ここ最近眉間の間にシワが2〜3本出来てしまい、跡が残るようになってしまいました。
美白化粧品、プラセンタ原液、超音波美顔器、イオン導入器といろいろな治療方を試してみましたが、効果の程は自覚できません。
親しい友人がフォトフェイシャルを数年前より施術しているのですが、私の場合はシミ・ソバカスが顔全体にある為、ダウンタイムがないとはいえ薄くなるまでの間の被爆状態が結構すごいと聞いており、会社に行けるのだろうかなどと懸念して1歩先に進めずにおりました。

今は、フォトフェイシャルよりフォトRFオーロラの時代です。

酒井形成外科は、知り合いからの評判もいいので、是非ご相談させて頂きたいと思います。フォトRFオーロラとサリチル酸マクロゴール・ピーリング、ヒト型コラーゲンに興味がありますが、私のような悩みには何の施術をするのが一番適しているのでしょうか?

フォトRF(オーロラ)を行いながらオバジの医療用ニューダーム・システムを使用するのが良いような気がします。サリチル酸マクロゴール・ピーリングは、角質が厚くなったような場合に施術をします。

目の周りや手のシミもフォトRFオーロラで治療できますか

しみ・くすみ・たるみ・こじわ・赤ら顔の症状です。美容皮膚科のHPを拝見しフォトRF+高濃度ビタミン導入の治療を受けたいと思っています。
早く治療を受けてみたいのですが、紫外線が強くなる夏よりも紫外線が弱くなる秋頃から治療を始めたほうが良いでしょうか? 効果に違いはありますか?

基本的にフォトRFオーロラは、できれば1回/1〜2ヶ月に続けて治療すべき方法です。1回だけでは何の効果もありません。そもそも、1回受ければ一生きれい、などという方法があれば、どこでもそんな治療を行っているでしょう。残念ながら、今の医学はそこまで到達してはいません。根気よく末長く治療を続けることによって、アンチエイジングやスローエイジングが起こる、という治療方法です。また、単一治療より複数治療を行うのが昨今の現状です。ということは、季節はまったく関係なく一年を通し続けることが大切です。

目の周り、まぶたにもしみ・くすみがあります。フォトRFオーロラの治療は可能でしょうか?

目の周りは危険なためフォトRFオーロラは施術できません。

腕(ひじ〜手首)と手のシミもとても気になります。フォトRFの治療を受けられますか?

他の治療法の方が良いと思います。

個人差があるようですが痛みが心配です。痛みが強く感じられる場合は麻酔をしますか?

貼ったり、塗ったりする麻酔は全く効果がありません。気休めのみならず、効果を落としますので酒井形成外科では使用しません。
ただし、麻酔が無ければ耐えられないような方は今まで一人もいらっしゃいませんでした。

フォトRFオーロラとサリチル酸マクロゴール・ピーリングに興味があります。これらの治療は、1回しか施術が受けられなくても効果があるものでしょうか

私は現在、海外に在住しており、近く一時的に帰国予定です。
現在40代で最近肌のきめが粗くなったことと弛みが気になりはじめました。 約3週間と短い滞在ですが、フォトRF(オーロラ)とサリチル酸マクロゴール・ピーリングに興味があります。
おそらく1回しか施術が受けられないと思うのですが、それでも何がしかの効果はあり、また実感できるのでしょうか。
このような短期間の場合、何か別にお勧めの施術はありますか?
フォトRF(オーロラ)やサーマクールサリチル酸マクロゴール・ピーリングといった美容皮膚科の施術は、ちょうど美容室で髪をカットしたりエステに行ってマッサージを受けるという行為に似ています。
つまり、毎月あるいは1〜3ヶ月に1回定期的にお手入れをすることで、老化を遅延させようというわけですね。
ですから、もし6ヶ月に1回できるとしたら施術を受ける意味はあると思いますが、それ以下でしたらむしろ最近評判のサーマクールを施術するのがよいでしょう。

肝斑(かんぱん)に対して、レーザーは禁忌と聞いておりますが、フォトRF(オーロラ)は受けられますでしょうか

フォトRF(オーロラ)の施術を考えていますが、両頬に肝斑があります。
肝斑に対して、レーザーは禁忌と聞いておりますが、フォトRF(オーロラ)は受けられますか?
肝斑に対し光治療は比較的禁忌でしたが、けっして今では完全禁忌ではありません。とくにフォトRFオーロラでは光のパワーが弱いため、施術を行っています。
レーザーでもフォトRFオーロラでも施術後悪化した場合、放置しておけばいずれ肝斑は元に戻ります。色が濃くなるのは一時的です。また、ハイドロキノンートレチノイン療法と同時に治療するという方法が、オーソドックスですね。

酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから