医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

ピーリングのよくある質問

ケミカル・ピーリングのよくある質問

ケミカルピーリングを行う前に注意することはなんですか?
行楽や海外旅行で日焼けをする予定があれば、その1ヶ月前もしくは帰国後1ヶ月後に行うのが最適です。

ケミカルピーリング施術中の症状について教えてください?

施術中に現れる症状としては、熱感や刺激があります。これは角質を剥離(はくり)する作用のため通常に現れますのでご安心下さい。

ケミカル・ピーリング施術後の肌の状態を教えてください?
施術当日の肌の状態は、殆ど変化がありません。まれに肌がカサついたりすることもありますが、保湿を心がけていただければすぐに改善します。
翌日より肌の色合いが明るくなり表面がツルツルになってきます。ケミカル・ピーリングには個人差があり、ピーリング剤の浸透が深くなり、表皮剥離を起こす場合がまれにあります。
その場合は医師の診察のもとステロイド剤が処方されます。 約1〜2週間で落ち着いてきます。

ケミカルピーリングを行った後に注意することはなんですか?
当日は皮膚が過敏になっていますので、化粧や刺激のあるスキンケアは控え保湿を心がけるようにして下さい。施術12時間後よりお化粧が可能となります。肌が剥けてきたら、無理に剥がさず自然に剥がれるのを待って下さい。
また施術後4〜5日は、紫外線(夏期は特に帽子や日傘などでブロック)防止をします。

ケミカルピーリング施術の間隔について教えてください。
2〜4週間に1度です。

何回、施術を行えば効果が現れますか?
個人差が大きいところです。第1回目は患者さまの肌質を見るため、弱めに施術して行きます。
効果を見るより個人的に薬剤の程度を観察します。その後徐々に強めていきます。ですから、最低でも5〜6回の施術後からピーリングの効果が現れてくると思います。

肌質により、ピーリングが施術できないことはありますか?
まれにあります。アトピー性皮膚炎の悪化時や、皮膚病の悪化時には控えたほうが良いでしょう。

ピーリングとフォトRFを平施することは可能ですか?
また、可能であれば、どの位の間隔で施術すればいいですか?
肌質に問題がなければ同日目であってもピーリングの後フォトRFオーロラの施術は可能です。

ピーリング施術直後、ニキビが悪化しました。大丈夫ですか?
ニキビ治療の一つとしてケミカル・ピーリングが挙げられています。ただし、毛根に刺激がある場合一時的にニキビが悪化することがあります。その場合は一般的な皮膚科治療として外用薬治療、内服薬治療をおこなうこともあります。

以前、他の美容外科クリニックでグリコール酸ピーリングを行っていました。酒井形成外科ではどのようなピーリングを行っていますか?
酒井形成外科で行っているケミカル・ピーリングとしては、グリコール酸ピーリングより効果のあるサリチル酸ピーリングを行っています。
また、サリチル酸ピーリングのライバルとしてカーボン・ピーリングが最近流行っています。これはカーボンを塗り込んだ上からQ-YAGレーザーを当てるものです。
その他ドクターオバジで有名なトレチノイン-ハイドロキノン療法も広い意味では、ピーリング治療にあたっています。

カーボンピーリング(レーザーピーリング)のよくある質問

カーボンピーリングとサリチル酸ピーリング、サージカルピーリングの違いは何ですか?
カーボンピーリングは、カーボンクリームを毛穴の奥底まで塗りこみ、QスイッチYAGレーザーで、レーザーピーリングを行う治療法です。
レーザーに反応したカーボン粒子がはじけ飛ぶ際に、古い角質や角栓、毛穴に詰まった汚れを除去します。
サリチル酸ピーリングは、化学薬品であるサリチル酸が角質を溶かすことによりピーリングを行います。
サージカルピーリングは、メスや微小手術用のハサミを用いて、首周りにできた小さなブツブツ(アクロコルドン)や、イボ、顔の盛り上がったシミ(脂漏性角化症)などを、削皮し除去する治療で、外科医の高度な技術が要求されます。

施術後、お化粧はいつから可能ですか?
施術後軽いほてりや、赤みが残りますが、直後よりフルメイク可能です。

施術後、突然ニキビが発生しました。大丈夫でしょうか?
カーボンピーリング後のニキビは、レーザーによる毛穴の軽い炎症が原因ですので、通常のニキビに比べ一時的であり、適切な処置により速やかに軽快します。

カーボンピーリングの主な効果は「毛穴の黒ずみ改善」だと聞きました。他にどのような効果がありますか?
カーボンピーリングは古い角質や角栓、毛穴の汚れがとれるため、「毛穴の黒ずみ」や「肌のくすみ」を改善するとともに熱刺激により繊維芽細胞を刺激しコラーゲンの生成を亢進することで、「開いた毛穴の引き締め」「ニキビ跡」「肌のハリ改善」などの効果があります。

レーザー照射を行うと聞きました。レーザーを顔に当てると考えると痛みを想像してしまいます。実際は、どうですか?
レーザーは皮膚直接ではなく、カーボンの粒子に反応するため、他のシミ取りレーザーやレーザー脱毛に比べかなり痛みは軽いものです。

施術後、小さなかさぶたが数個現れました。これはやけどでしょうか?
カーボンピーリングの際は、通常のシミ、あざの治療に比べ弱い出力でレーザー照射しますが、ごく小さな点状出血を起こすことがあります。おそらくやけどではなく、点状出血によるかさぶただと思われますが、通常1週間程度で消失していきますので治療は不要です。

カーボンピーリングは、大きい毛穴、陥没した毛穴には効果を発揮しないと聞きました。本当ですか?
いわゆる「あばた」や深いニキビ跡、大きい毛穴など陥凹の強い症状には著しい効果は望めません。

脱毛目的で、カーボンピーリングは施術できますか?
カーボンがはじけ飛ぶ際に産毛が抜けたり、白く脱色することがありますが、一時的な効果であり、永久脱毛は不可能です。

薬局で販売している角質除去のパックとカーボンピーリングは、並行してもいいですか?
また、角質の取り過ぎは問題ありますか?
市販される程度の、角質除去作用であれば、問題ありません。
また角質の取りすぎは、皮膚を健康に保つバリア機能を障害するので、かぶれや接触性皮膚炎等のトラブルの原因となります。

先日、カーボンピーリングを受けたのですが、痛みを感じやすく・・・痛みを軽減する方法をありますか? 麻酔は使用できますか?
ご希望であれば、施術前にキシロカインクリームによる表面麻酔をさせていただきます。

酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから