医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

症状から見た治療方法


ここでは、患者さまの症状から見た治療法についてご紹介いたします。
知りたい項目を選ぶと、それに合わせた施術法の一覧ページへ進みますので、そのページからそれぞれの施術法をご覧ください。

脱毛したい

医療施設(病院やクリニックで医師が在中している施設)では、医療用レーザー脱毛器を使用して素早い長期脱毛を可能にしています。酒井形成外科の場合、剛毛用、一般毛用、軟毛用、それぞれの専用のレーザー脱毛器を使い分けています。
また、カウンセリングは医師が行い、施術は看護師が担当します。

しみ、くすみ、肝斑(かんぱん)、アザ(太田母斑等)、入れ墨を取りたい

しみ」とか「くすみ」というのは皮膚科用語ではありません。「しみ」や「くすみ」には皮膚の色の変化を伴う多数の皮膚疾患を包括しているのです。
いわゆる皮膚のしみには、「角質性しみ」「表皮性のしみ」「真皮性のしみ」があり、Qスイッチレーザーや光治療器だけでなく、医療用化粧品や内服剤サプリメントが大変有効です。

しわ、たるみ、肌質改善、表情しわ

顔の皮膚の角質が必要以上に硬化肥厚してごわごわしたり、真皮層のコラーゲンが劣化硬化したりすることよってできるしわの改善です。
また、加療により毛穴が開くとぼつぼつした感じになります。レーザーだけではなく、多面的に治療をすすめましょう。
表情じわとは、顔の表情筋がおりなす表情が固着してできる、しわのことです。例えばおでこの横じわ眉間のしわ、目尻のからすのあしあと等です。これらには、ボトックス注射が有効です。

ニキビ、ニキビ痕を治したい

ニキビは皮膚の毛嚢脂腺系の病気です。毛穴に老化した皮脂が詰まることにより発生し、ばい菌が増加することで悪化します。ニキビをケアする時に最も大切なことは洗顔です。また、皮膚科での一般的治療も基本ですが、治りにくいニキビには美容皮膚科的治療があります。

プラセンタ、わきが、その他

プラセンタとは胎盤のことで、プラセンタエキスには胎児の発育に必要な栄養素や成長因子が豊富に含まれています。プラセンタエキスの投与で全身の細胞が活性化され細胞レベルの若返りが期待できます。
直径3mm程度のほくろならレーザーで簡単に焼き切れます。傷跡もほとんど分からなくなります。直径5mmを超える比較的大きなほくろも外科的切除できれいに取り除くことができます。
わきがとは脇の下に多く存在するアポクリン汗腺から分泌される、タンパク質成分が細菌などによって変性し、臭いとなる病態です。
日本人は他の民族と比べ、わきが遺伝子の保有率が少ないため、わきがの人が相対的に少ないのです。そのため、わきがの人が症状に悩むことが多いといえます。

酒井形成外科でのしみやアザの治療方針

シミ(色素沈着症)には、メラニンが角質層に沈着したもの、メラニンが表皮層に沈着したもの、メラニンが真皮層に沈着したものに大別できます。
また、シミの原因は、皮膚をはじめとする体の組織全体の老化、紫外線(UV)、メラニン色素の過剰生成、皮膚角質層の肥厚の4つです。

酒井形成外科での治療は、概ね3つのステップで治療を進めています。

酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから