医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

しわ・たるみ・肌質改善・表情しわ、アンチエイジング

顔の皮膚の角質が必要以上に硬化肥厚してごわごわしたり、真皮層のコラーゲンが劣化硬化したりすることよってできるしわの改善です。

皮膚の構造

張りのあるすべすべ肌にしたい(角質が全体にごわついてたりまだらな色の変化を改善する)

ケミカルピーリング(医療薬品のサリチル酸マクロゴールによる高濃度ピーリング)

ケミカルピーリング'(サリチル酸マクロゴール・ピーリング)の施術の様子
ケミカルピーリング(サリチル酸マクロゴール・ピーリング)の施術の様子

ケミカルピーリングは、角質表面を化学物質で浅く溶かすという意味合いがあります。
ニキビ治療やすべすべの肌を取り戻すのには最適です。



フォトRF(オーロラ)によるリジュビネーション治療

フォトRF(オーロラ)での施術の様子
フォトRF(オーロラ)での施術の様子

フォトフェィシャルの発展形であるフォトRFは、IPLという特殊な光の作用と同時にRF(高周波電気)の作用で真皮にコラーゲンを再生させ肌に張りを生むことにより小ジワを減少させます。
フォトRF(オーロラ)の作用で、肌はみずみずしくピンと張りがでます。
レーザーのようなダウンタイムが殆どなく、また、痛みも少ないのも特徴です。



カーボンピーリング(レーザーピーリング)

カーボンピーリングの施術の様子
カーボンピーリングでの施術の様子

お化粧でも隠せない、開いてしまった毛穴や角栓により黒ずんだ小鼻の毛穴、ニキビ跡のデコボコに高い効果を示し、お肌のキメを整えるレーザーピーリングです。
毛穴の汚れが取れるだけでなく、お肌のハリを改善していきます。



表情じわの改善

ボトックス注射

ボトックスの施術症例 術前・術後・施術中

ボツリヌスA毒素を少量筋肉内に作用させると、3〜5ヶ月程筋肉が麻痺することにより、表情が出なくなります。このことによって表情しわも消失するわけです。
もちろん、麻痺が起こるのはそこの表情だけですから、そんなに違和感はありません。思いのほか、表情じわには大変効果があります。


フィラーや脂肪注入によるアンチエイジング

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入の施術の様子
ヒアルロン酸注入の施術の様子

すべての生物に同一性化学物質として存在するデルマタン硫酸は、水分をコロイド状(美容液のようなトロトロした性状)に保つ大切な生命活性物質です。この人体にきわめて安全な物質を皮膚に注入すると、注入部位の皮膚を膨らませることが可能なため、手軽なしわ改善剤として利用されています。

尚、注射用ヒアルロン酸製剤には柔らかいもの、やや硬いものかなり堅いもの等、時と場合によって使い分けられるように製剤されています。 また、持続時間は3〜6カ月です。



レディエッセ

レディエッセの施術の様子
レディエッセの施術の様子

レディエッセは、『カルシウムベース』の皮膚充填剤(フィラー)で骨や歯に含有されるミネラルと同質で安全性の高いカルシウムハイドロキシアパタイト粒子を主成分としたものです。
フェイスラインや鼻の形成はもちろんのこと、法令線などのくぼみを埋める治療としても適しています。

しかし、ヒアルロン酸と違い目尻の小ジワや唇の形成には適しておらず、あくまで『深いシワ』や『フェイスライン・鼻形成』に、その効果を発揮します。

ヒアルロン酸と比べると持続時間が極端に長く、1回の注入で、1.5〜2年と長期間持続するのが特徴です。



脂肪注入・高濃度脂肪注入

おなか、太もも、おしり等、脂肪の余っている所から適量の脂肪を吸引し、これを注入用に加工します。脂肪吸引から1時間以内にこの注入用脂肪を注射器で注入する手術法です。

上まぶたのくぼみ、こけた頬、深くなった法令線等に脂肪注入することでふっくらした若い顔つきを取り戻します。

脂肪注入で法令線を目立たなくした症例
脂肪注入で法令線を目立たなくした症例

皮膚のタイトニングやフェイスリフトによるアンチエイジング

フォトRFリファーム

フォトRFリファームによる施術中の様子
フォトRFリファームによる施術中の様子

フォトRF(オーロラ)はIPLという光とRF(高周波電気)の作用でしみと皮膚のタイトニングに効果があります。この機械のエネルギーの大部分をタイトニングに作用するように改善したものがフォトRFリファームです。

RFのエネルギーを3〜5倍にアップし、光を赤外線(IR)に変化させています。フォトRF(オーロラ)のようにシミ(色素性疾患)には無効ですが、顔のタイトニングや顔のリフトアップにはさらに効果が増しています。また、治療中の痛みが殆ど無いのもうれしいことですね。



フェイスリフト

外科手術による、古くて新しい若返り法です。いかなる保存治療もフェイスリフト手術には及びません。
最近では、全身麻酔、生体接着剤、術後のCET治療(高周波温熱セラピー治療)により、以前と比べてダウンタイムが大幅に低減しました。

そのため、フェイスリフト手術もより身近な手術になってきていますので、十分考慮しえる治療手段ともいえます。

トータルフェイスリフトの術前・術後症例
トータルフェイスリフト(50代)女性の症例

酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから